ETCカードの作り方 使い方&特典がお得なETCカードおすすめ選び方

シェルスターレックスカードETCのメリットデメリット 昭和シェルでお得

更新日:

Pocket

昭和シェルのガソリンスタンドを現金で利用している人は、シェルスターレックスカードETCが便利です。

シェルスターレックスカードETCを活用するだけで、月々のガソリン代を大幅に減らせるだけでなく、家族カードを発行すれば一世帯の車にかかる費用を削減することもできます。

ただし、シェルスターレックスカードは昭和シェルを利用しているという理由だけでは、お得にならない人も出てくるため、事前にどのような条件だと節約に繋がるのかを理解しておくことが重要です。

シェルスターレックスカードを最大限に有効活用するために、メリットデメリットや他社カードとの違いを詳しく紹介します。

シェルスターレックスカードETCの基本スペックを解説

シェルスターレックスカードの基本的な性能とガソリン割引で重要なスタープライズコースの詳細について紹介していきます。

基本スペック

シェルスターレックスカードの基本スペックは以下の通りです。

年会費  1,350円(条件達成で無料)

 

追加カード  ETC、 家族カード

 

ポイント なし 保険 海外旅行、ショッピング
国際ブランド VISA 決済  楽天ペイ、Google Pay

シェルスターレックスカードでは、全世界でも知名度が高いVISAを利用できるため、保険と合わせれば海外旅行のときでも重宝できる1枚だといえます。

また、年会費は条件を満たせば無料ですし、ETCや家族カードの年会費はずっと無料です。

スタープライズコースのランク分け

シェルスターレックスカードのスタープライズコースでは、ガソリン割引の金額をランクごとに分けています。

具体的な割引額は以下の通りです。

スターランク ハイオク(/L) レギュラー・軽油(/L) 適用条件(半年間の利用額)
1スター 3円 1円 12万未満
2スター 5円 2円 12万以上~30万円未満
3スター 8円 3円 30万以上~42万円未満
4スター 10円 5円 42万以上~60万円未満
5スター 12円 7円 60万以上

上記のように、スターランクは半年間にシェルスターレックスカードを利用した金額に応じて割引額が変わります。

ハイオクの方がガソリンよりも割引額が優遇されるため、ハイオク車を運転する人にはさらにお得になる仕組みです。

ただし、割引を受けられる上限が毎月150リットルと設定されており、それ以上は割引対象外となってしまいます。

もし、毎月150リットル以上給油する場合は、還元給油オプション(月額500円)を利用すれば上限を350リットルまで引き上げることが可能です。

たとえば、毎月350を使用する人でガソリン代が130円/Lだと1ヵ月のガソリン代は以下のようになります。

・オプションなし「(200リットル×130円)+(150リットル×130円―1,050円)=44,450円」
※1,050円=150リットル×7円(5スター)で計算
・オプションあり「(350リットル×130円―2,450円)+500円=43,050円」
※2,450円=350リットル×7円(5スター)で計算

つまり、ガソリンを毎月350リットル以上利用する人は、月額500円でオプションを使ったほうが、1,400円ほどお得だということです。

月々のガソリン使用料によってオプションの有無は変わってきますが、上記の計算式を参考に活用すると目視で比較することもできます。

 

シェルスターレックスカードETCのメリットとデメリット

シェルスターレックスカードはガソリン割引が優遇されるカードですが、他にも多くのメリットがあります。

メリットだけではなくデメリットもあるため、しっかりとメリットやデメリットを理解しておきましょう。

シェルスターレックスカードのメリット

まずはメリットから解説します。
代表的な3つのメリットをそれぞれ見ていきましょう。

1.ガソリン代の値引き率が高い

スタープライズコースだと、スターランクに合わせて割引率が変り、最大でハイオク12円/L、ガソリン・軽油8円/Lの割引を受けることができます。

さらにWeb 明細サービスを活用すると、1円/Lの割引となるため最大ランクである5ランクならば13円/Lの割引を受けることが可能です。

ただし、最大ランクに到達するためには半年間で60万円以上をシェルスターレックスカードでガソリンを注ぐ必要があるので簡単ではありません。

確かに1人では達成できないかもしれませんが、シェルスターレックスカードには家族カードが存在し、利用額を合算させることができます。つまり家族で利用することで、ランクを上げやすくできるということ。

もし家族で昭和シェルを利用している場合は、シェルスターレックスカードの割引率を効率的に上げることができるというのは大きなメリットです。

2.条件達成で年会費無料

シェルスターレックスカードの年会費は、1年目は無料ですが2年目以降は1,250円が発生します。

一見、年会費はデメリットのようにも見えますが、1年間で給油を含む24万円以上の利用で年会費を無料にすることが可能です。

昭和シェルのガソリンスタンドで、洗車やパーツ交換などガソリン以外でもカードを利用すれば適用されるため、1人でも意外に24万円を超える人は少なくありません。

そのため、年間で車にかける費用を年間で計算し24万円を越える場合はお得だといえます。

またETCを発行した場合も年会費は無料で、使った分だけスタープライズコースのランクアップに役立てることが可能です。

ただし、ETCの発行には1,000円の手数料がかかるので事前に理解しておきましょう。

3.海外旅行損害保険がつく

海外旅行に行く際、旅行代金などをシェルスターレックスカードで決済すると、海外旅行損害保険を受けることができます。

詳しい保証内容は以下の通りです。

傷害の種類 補償金額
死亡・後遺障害 最高2,000万円
治療費用 上限100万円
賠償費用 上限100万円
賠償責任 上限2,000万円
携行品の損害 上限20万円
救援者費用等 上限100万円

治療費や賠償費用が上限100万円と低いように感じるかもしれませんが、そもそも海外旅行損害保険がつくガソリンカードは少ない傾向にあるため、補償を受けられるだけでもよいと判断しましょう。

もし、シェルスターレックスカードの補償額だけでは不安な人は、保有するだけで補償を受けられるクレジットカードなどで補填するのも一つの方法です。

シェルスターレックスカードのデメリット

シェルスターレックスカードにはデメリットに感じる部分もあります。
3つのデメリットを解説します。

1.国内旅行損害保険がない

シェルスターレックスカードでは海外旅行やショッピングでの補償は存在しますが、国内旅行での損害保険はありません。

そのため、国内旅行の損害保険が付いているクレジットカードやガソリンカードを探している人は、別のカードを選択する必要があります。

2.ショッピング保険の適用は条件が必要

国内でショッピング保険を利用するためには、支払い方法を「分割払い」か「リボ払い」にする必要があります。

また、リボ払いだと「楽天ペイ」で決済した場合のみ対象となるため注意が必要です。

国内のショッピングでも保険適用されること自体は嬉しいことかもしれませんが、条件を知らないと適用されることはありませんので、事前に利用規約をしっかりと熟読しておくことが望ましいです。

一方、海外では支払い方法など条件は特にありませんが、補償を受けらえる期間は90日以内で上限100万円とされています。

上記の補償期間と上限額は国内のショッピング時でも同様なので、補償を受けたい場合はできるだけはやくシェルスターレックスカードのサポートセンターに問い合わせましょう。

3.年間のガソリン代の利用が低いと割引率も下がる

シェルスターレックスカードのスタープライズコースでは、半年間の利用額に応じて割引額が変動する仕組みですが、ランクを1つあげるためには12~18万円以上も多く利用しなければなりません。

たとえば、1ヵ月4,000円しかガソリン代がかからない人だと半年でも24,000円です。
家族4人で同じように使用しても「24,000円×4人=96,000円」となり、1スターランクが12万円以上の利用なのでランクを上げることが難しいのはデメリットだといえます。

そのため家族のガソリン代を足してもランクアップに期待できない場合は、車のメンテナンスや洗車を昭和シェルに一本化するのも一つの方法です。

ただし年間の割引率を考えて、シェルスターレックスカード以外の方がお得と判断した場合は他社のカード利用を検討しましょう。

 

シェルスターレックスカードETCのお得感を実証!他社カードの違い

シェルスターレックスカードを含む全5枚のガソリンカードで、ガソリン割引や特徴の違いについて徹底比較していきます。

シェルスターレックスカードETCと他社カード比較

今回は、

・シェルスターレックスカード
・シェルスターレックスゴールドカード
・出光カードまいどプラス
・コスモ・ザ・カード・オーパス
・ENEOSカードS

の5枚のカードで、ガソリン代の割引を中心に違いを明らかにしていきます。

比較の違いは以下の通りです。

カード名 割引割合 特徴
シェルスターレックスカード

 

ガソリン代

(1円/L~12円/L)

・年会費:利用額年間24万円以上で無料

・ETC:年会費無料(発行手数料1,000円)

・WEB明細でさらに1円/L割引が可能

シェルスターレックスゴールドカード ガソリン代

(3円/L~13円/L)

・年会費:利用額年間240万円以上で無料

・WEB明細でさらに1円/L割引が可能

出光カードまいどプラス ・ガソリンと軽油が2円/L引き

・灯油が1円/L引き

・ウェブ明細の登録で毎年4/11~5/10の期間ガソリン・軽油3円/L引き(100Lまで)

・カード・ETC年会費:無料

・ねびきプラスを利用すると、最大8万円の利用で8円/L引きにできる

・ロードサービスが750円で入会可能

コスモ・ザ・カード・オーパス ・カード入会から50Lまで、10円/Lの割引が可能。(最大500円)

・会員価格での利用が可能

 

・年会費:無料

・ときめきポイントを貯めれば、ショッピングでも使える

・2種類の割引特典を受けられる

ENEOSカードS ・ガソリンと軽油だといつでも2円/L引き

・灯油はいつでも1円/L引き

・年会費:2年目以降は年に1回以上ETCなどガソリン以外でカードを利用すると無料

・割引は毎月150リットルが上限

・ロードサービスが付いている

  比較から見えるシェルスターレックスカードETCの強み

シェルスターレックスカードは、他社のカードに比べてガソリン代の割引額が圧倒的に優れています。

他社のカードを見てもガソリン代の割引は良くて2円/Lや3円/L。なかには8円/Lの割引に期待できる出光まいどプラスカードもありましたが、毎月8万円は光熱水費を含めても簡単に達成するものではありません。

そのため、上記の他社カードと比べるとガソリン代の割引に関してはシェルスターレックスカードがおすすめです。

ただし、年間240万円以上カードを利用する人は、シェルスターレックスゴールドカードの方がガソリンの割引額は1円お得になります。

他にも、シェルスターレックスカードはガソリンの割引額は優遇されていますが、6カ月で12万円未満だとガソリン・軽油の割引額は1円/Lなので、他社カードの方が割引額はお得です。

そのため、自分が月間や年間でどの程度カードを利用できるのかを計算してカード選びをすることが大切です。

 

シェルスターレックスカードETCがおすすめの人とは

シェルスターレックスカードの利用に向いている人は以下のいずれかに該当する場合です。

・ETCの維持費を無料にしたい人

・昭和シェルを家族で利用している人

・年間のガソリン使用量が多い人

カードによっては、ETCの年会費がかかることもあるため維持費を抑えたい人に向いています。

また、シェルスターレックスカードで最大割引を実現するためには半年で60万円の利用が条件なので、家族で昭和シェルを利用している人にはぴったりのカードです。

家族だけでなく、個人でも年間のガソリン使用量が多い人は、ヘビーユーザーに多く還元できるサービスが充実しているシェルスターレックスカードがぴったり。

もし、シェルスターレックスカードの入会に悩んでいる人は、上記に該当するのかをひとつの判断基準にするのをおすすめします。

昭和シェルGS愛用者はシェルスターレックスカードETCで費用を節約しよう!

シェルスターレックスカードのメリットやデメリット、特典についてまとめてきました。

・シェルスターレックスカードは最大13円/Lのガソリン代を割引できる点がメリット。
・デメリットは、年間24万円以上利用しないと年会費が発生すること。
・シェルスターレックスカードはガソリン代をお得にしたいと考えている人におすすめ。

シェルスターレックスカードは、スタープライズコースと還元給油量オプションを活用することで毎月のガソリン代をお得にすることができます。

とくにガソリン代の割引は、他社カードと比較しても圧倒的に優遇されていることが実証済みです。

海外旅行保険やETCの年会費無料などの魅力を加えると、持っているだけでお得になるカードだといえます。

もし、昭和シェルを普段から利用している人は、シェルスターレックスカードをお得に使ってください。

-ETCカードの作り方 使い方&特典がお得なETCカードおすすめ選び方

Copyright© ミニバン博!子育て家族のミニバン選び&男親と子供のアウトドア的外遊び , 2019 All Rights Reserved.