ミニバン博は、子育て家族のミニバン選び&男親が子供と遊びまくるブログメディアです。

ミニバン博!子育て家族のミニバン選び&男親と子供のアウトドア的外遊び

人気のおもちゃ&人気の知育玩具 学習玩具

Amazonで人気の数字学習 計算習得の知育玩具-3歳から

投稿日:

Pocket

・商品名-ピタゴラスシリーズ ピタゴラス算数 28パーツ PGS-112

 価格-¥4,217

(商品概要)
自然に算数に興味を持って欲しい、という願いから生まれたのがピタゴラスシリーズのピタゴラス算数 28パーツ PGS-112です。
リニューアルしたピタゴラス算数は、幼稚園児がより分かりやすく図形や算数に親しめるセット内容となっています。
キャラクター玩具では飽きてしまう3歳児だからこそ、シンプルなピタゴラスシリーズで本格的に小学校の算数に備えましょう。

(商品のおすすめポイント)
ピタゴラス算数は、自分の手と目を使って立体というものを理解できるのがおすすめポイントです。
算数を学ぶ上で、一番難しいのは図形の理解と立体というものに対しての概念だと言われています。
こればかりは先生が口で説明しても分かりづらく、つまづいてしまう子供も少なくありません。
そんな図形や立体に対して3歳から体感して自然に概念を学べるのは、ピタゴラス算数の一番の特徴とも言えるでしょう。
ブロックや積み木など最初から立方体が出来上がっているのではなく、自分で立体を作り上げられるというのも大きな魅力ですね。
創造力が豊かで、小さい頃よりも振り幅が広くなっている3歳児には、ピタゴラス算数の中に無限の世界を見つけられるかもしれません。

(口コミの総評)
ピタゴラス算数の口コミを見ると、買って良かったという感想がとても目立ちます。
知育玩具は失敗することも多く、結局ゴミになってしまったりしますが、ピタゴラス算数だけは何年も使い続けています。
と言う口コミがあるように、4歳5歳になっても夢中になって遊ぶ、年齢が違う兄弟でもピタゴラス算数なら一緒に遊べんでいる子供が多いようです。
また、お誕生日祝いやちょっとしたプレゼントであげると、とても喜ばれると言う口コミもあります。
ピタゴラスシリーズは知育玩具としてとても有名ですが、その知名度に違わない良さがあるからこそ、高い評価を得ているのですね。

(ライターさんの感想)
ピタゴラスシリーズは、ちょっと小難しいイメージがあるかもしれませんが、マグネット式の知育玩具なので3歳児でも十分に楽しみながら学べます。
平面から立体を作り上げるひらめきは、子供の頭脳への刺激にもなるので、ぜひ一つは持っておきたい知育玩具ですね。

・商品名-学研のよくわかる 木製 かず・さんすう 

 価格-¥ 2,887

(商品概要)
数字札やイラストの書かれた札、おはじきなどで数の大きさを体感しながら、数を分けたり合わせたりすることで、数の概念を身につけられる知育玩具です。
数式を解くために必要な数の仕組みを、丁寧に説明してくれるガイドブックもついています。
3歳児から学べるのはもちろん、小学生になっても基礎を復習するのに役立ちます。

(商品のおすすめポイント)
学研の木製 かず・さんすうのおすすめポイントは、一つの数字をあらゆるパーツで表せることです。
木製 かず・さんすうには、1から10までの数字が書かれている木製のバー、おはじき、数字カード、数字の目盛りカードが入っています。
これらの数字パーツを使うと、一つの数字でもいろいろな形で理解していけるのです。
例えば3の場合、3と書かれたバー、3の数字カード、おはじきを3個、数字の目盛りの3というバリエーションがあります。
これを目で見ながら、さらに自分で並べたり比較したりできるので、効率よく数の概念を理解していけます。
また、パーツの組み合わせ方によって理解度に合わせた問題が作れますから、多様性があるところもおすすめのポイントです。

(口コミの総評)
信頼できる教材を開発している学研の知育玩具は、もともと信頼が高いので口コミも高評価ばかりです。
そんな学研の知育玩具の中でも、特に高い人気を誇っているのが木製 かず・さんすうです。
数の概念というのは、口で説明しようとしても理解してもらうのはかなり難しいので、悩んでいる親御さんも少なくありません。
ですが、木製 かず・さんすうは実際に目で確かめながら教えられるため、3歳児でも理解が早いと言う口コミが多いですね。
またゲーム感覚で遊びながら数を覚えられるので、2歳児からでも数に親しめるというところも高い評価を得ています。

(ライターさんの感想)
木製 かず・さんすうは、大きな目盛りカードの上に各パーツを並べられるところがいいですね。
いろいろな数字のパターンを一目で確認できますから、小さい子供でも分かりやすく、数の概念も効率よく身に付きそうです。

・商品名-ぴったりしきつめ かずパズル100  

 価格-¥ 2,445

(商品概要)
10種類46個の数のピースをボードにはめ込むことで、数量の感覚を身につけられるのが、ぴったりしきつめ かずパズル100です。
組み合わせると10になる、6と4や3と7のピースを使えば、視覚から足し算の概念も身につけられます。
また、算数の基礎となる10のかたまりも自然と理解できるので、3歳から数の土台を固めることができます。

(商品のおすすめポイント)
ぴったりしきつめ かずパズル100は、やさしい問題から難しい問題まで理解度に合わせてステップアップできることです。
一般的な知育玩具は、年齢に合わせて作られているので、理解してもそれ以上進むことができません。
ですがぴったりしきつめ かずパズル100なら、最初はピースの少ないパズル、次は指定された数のピースをはめるというように問題がステップアップしていきます。
子供によって理解力は違いますが、3歳児は吸収が早いのでそのスピードに合わせた知育玩具が必要です。
ぴったりしきつめ かずパズル100なら、数の基礎を学びながらどんどん先に進めるので、子供の脳の成長を邪魔しないのが一番のおすすめポイントと言えるでしょう。

(口コミの総評)
ぴったりしきつめ かずパズル100の口コミでは、見て理解できるところが高く評価されています。
3歳児になると、数を数えたり足し算は出来るけど、数字の組み合わせの理解ができないというお子さんが多いようです。
そこで引っかかってしまい先に進めなくなり、知育玩具で遊ぶのをやめてしまうというお子さんも少なくありません。
このパズルなら、ピースを自分で動かしながら数量の変化が確認できるので、つまづいていたところから先に進めたと言う口コミが見られます。
また、難しい問題もあるので小学校に入ってからも使えるところも、高い評価につながっています。

(ライターさんの感想)
数字の概念を視覚化できる右脳刺激パズルは難解なものが多いですが、このパズルはとてもシンプルなので小さい子供に最適です。
形作りや迷路作りなど遊び方も多種多様ですから、図形を理解する下地作りにも役立ってくれそうです。

・商品名-ボーネルンド マグ・フォーマー (MAGFORMERS) ベーシックセット30 

 価格-\7,128

(商品概要)
2次元の平面と3次元の立体を、自由自在に行き来しながら作品を作れるのが、ボーネルンド マグ・フォーマー ベーシックセット30です。
正三角形と正方形だけのシンプルなセット内容なので、3歳でも楽しく図形に馴染むことができます。
自分で手軽に造形遊びができますし、見本を見ながら親子で立体構造も作れるのでコミュニケーションツールとしても活躍します。

(商品のおすすめポイント)
ボーネルンド マグ・フォーマーは、年齢に合わせて遊び方を変えられるところがおすすめポイントです。
対象年齢は3歳からとなっていますが、2歳なら磁石でつながるブロックとして使えますし、5歳ぐらいからは立体造形に挑戦できます。
小学生以上になれば、トランスフォーマーを活かしてオリジナルの作品を作ったり、複雑な立体構造にチャレンジできます。
手を使った実体験を重ねることで、図形や角度の概念を早いうちから習得できるのはもちろん、何歳になっても新しい発見があるのはボーネルンド マグ・フォーマーならではですね。
また、平面をつなぎ合わせたパターンも作れますし、色の組み合わせも自由自在なので、3歳児の創造力をたっぷり刺激してくれるのもおすすめポイントです。

(口コミの総評)
口コミを見てみると、子供はもちろん大人も夢中になって遊べる、という意見が目立ちます。
知育玩具というのは、子供が分かりやすいように、自分で出来るように大人が誘導してあげるスタイルのものが多いですね。
こういったスタイルの知育玩具だと、大人は疲れてしまいますし、子供もつまらなくて飽きてしまいます。
ボーネルンド マグ・フォーマーなら、一緒になって遊べるだけではなく、一緒に形の組み合わせや多面体構造などを学ぶことができます。
ですので、口コミでは子供だけではなく自分の勉強にもなるという意見もたくさんあるのですね。

(ライターさんの感想)
一見難しそうに見えるマグネットブロックですが、形がシンプルなので3歳児でも自分の頭を使って楽しめそうです。
ちょっとお値段は高く感じますが、遊べる年齢の範囲や年数を考えるとコスパも良いので、数字だけではなく形の概念も学ばせたい方におすすめです。

・商品名-ミッフィー かずのおうち 

 価格-\2,974

(商品概要)
ミッフィーのお家をモチーフにしたドールハウスで遊びながら、数字や時計の見方を覚えることができる知育玩具です。
ボリューム感があり、数字の勉強だけではなくいろいろな遊びができるので、幼稚園など新入学のギフトにも最適です。
数字への苦手意識が生まれる前に、ミッフィーとメラニーと一緒に3つのステップで数に親しめます。

(商品のおすすめポイント)
ミッフィーかずのおうちは、ミッフィーやメラニーでお人形ごっこをしながら数字を学べるところがおすすめポイントです。
まだ数に慣れていない3歳児だと、数字に対しての抵抗感があるので、いきなりブロックや数字の書かれたおもちゃを与えられても拒否するかもしれません。
ミッフィーかずのおうちなら、人形遊びをする感覚で自然に数や時計に親しんでいけます。
ミニストーリーのカードがついているので、お話に合わせてカードを完成させたり、カードの時間に針を合わせたりと遊びの幅が広いのも魅力です。
また、数や時計の概念を理解してからも遊べるのがミッフィーかずのおうちの特徴です。
マス目に問題が書かれたすごろくがついますから、サイコロで数を数えながら問題を解くことでおさらいまでできます。

(口コミの総評)
ミッフィーかずのおうちは、ボリュームがあるのにお値段がお手頃と言う口コミが多いです。
ドールハウスと人形、時計、おうちカード、かずカード、時計カード、すごろくカード、時計文字盤などセット内容が充実しています。
もちろん、子供が持ちやすいサイズで揃っているので、遊び方を覚えれば一人でも楽しめます。
今まで買った知育玩具の中で一番気に入っていて、他のおもちゃでは全然遊ばなくなってしまいました。
と言う口コミもあるぐらい、子供にとってはドールハウスとお人形が魅力的に映るようです。
しかも遊んでいれば自然に数字に馴染めるのですから、買って良かったという口コミが多いのも納得です。

(ライターさんの感想)
パッと見た感じは普通のドールハウスですが、付属のカード類など細かい部分に数字を覚える要素がちりばめられています。
お人形ごっこをしながら学べる数字の玩具はあまりないので、初めての知育玩具には最適だと思います。

-人気のおもちゃ&人気の知育玩具 学習玩具

Copyright© ミニバン博!子育て家族のミニバン選び&男親と子供のアウトドア的外遊び , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.