ミニバン博は、子育て家族のミニバン選び&男親が子供と遊びまくるブログメディアです。

ミニバン博!子育て家族のミニバン選び&男親と子供のアウトドア的外遊び

人気のおもちゃ&人気の知育玩具 学習玩具

Amazonで人気の数字学習 計算習得の知育玩具-2歳から

投稿日:

Pocket

・商品名-きかんしゃトーマス 10までつなげて

 価格-\2,318

(商品概要)
数や色の概念や認識というのは、小さいうちに身につけておくことが大切です。
好奇心旺盛になる2歳児は、数字や色への興味が芽生える時期なので、その欲求をしっかり満たしてあげましょう。
子供の大好きなきかんしゃトーマスの10までつなげてなら、貨車の色合わせや車体番号で数の概念の土台となる基礎を遊びながら学べます。

(商品のおすすめポイント)
時代を問わず、小さい子供から根強い人気のあるきかんしゃトーマスの知育玩具です。
トーマスというだけでも普通の知育玩具より子供が親しみやすいのでおすすめできますが、遊びのバリエーションが豊かというのもおすすめポイントです。
この玩具には、10頭の動物もついてきます。
10色に色分けされた貨車と10頭の動物で遊ぶことで、自然に10以上の数を認識できりょうになります。
また、貨車は連結できるだけではなく上にも積み上げられます。
数字が横や縦に並ぶことで、将来的には分数やひっ算にも馴染みやすくなるかもしれません。
また、貨車はカラフルに色分けされていますから色を覚えられますし、動物の名前も覚えられるので1つでいろいろな知育につながるのもおすすめポイントです。

(口コミの総評)
きかんしゃトーマスの10までつなげての口コミは、とにかく評価が高いのが特徴です。
2歳児の手でも扱いやすい貨車、学習目的でもデザイン性が高いなど、子供が自然と手にしたくなるフォルムが人気の理由です。
また、動物と貨車がセットになっているところも高評価につながっています。
ぞうさんは何色の電車に乗るのかな、きりんさんは2番の貨車に乗せようねなど親子で楽しく遊びながら数をしっかり学べます。
と言う口コミから分かるように、自発性が芽生えていない子供でも、親が一緒に遊べるように工夫されているところもロングセラーの秘密かもしれませんね。

(ライターさんの感想)
10までつなげては、トーマスというだけで小さい子には魅力的なので知育に活かしやすいですが、親目線で言うと安全性が高いのも魅力です。
角がきちんと丸くなっていたり、乱暴に扱っても壊れない強度があるので、一人で遊ぶ年齢になっても安心です。

・商品名-NextX 磁石ブロック マグネットパズル 積み木

 価格-\2,999

(商品概要)
NextX 磁石ブロックは、マグネットブロックでありながらS極とN極の極性がない、360度回転できる磁石ブロックです。
ブロックのサイズも小さい手で扱いやすいので、2歳児でも楽しく遊べます。
正解がないブロック遊びを通じて創造力を育てながら、図形に自然に親しむことで数学の概念への土台を作ることができます。

(商品のおすすめポイント)
数字や計算に直接的な勉強にはならないものの、自分で考えて組み立てる、三角と四角を組み合わせるなど図形から計算にアプローチできる知育玩具です。
二等辺三角形や直角三角形などは小学校に入ってから学びますが、この時期に形に馴染むことは算数の授業にもおおいに役立ってくれます。
NextX 磁石ブロックのおすすめポイントは、正方形の大きなプレートが2枚付属されていることです。
2歳児だと、最初は自分で形を作っていくのが難しいかもしれません。
ですが、正方形にプレートにいろいろな形を当てはめていくことで、形への造詣を深める知育に繋がります。
親子や友達と遊ぶのもよし、自分だけの世界でいろいろな形を造るのもよし、と遊び方の幅が広いのもこのおもちゃの魅力ですね。

(口コミの総評)
最近の知育玩具は凝った作りのものが多いですが、NextX 磁石ブロックはシンプルで分かりやすいと口コミで好評です。
数字などは紙ベースで教えられても、形がどのように作られるのか、というのはなかなか教えにくいものです。
NextX 磁石ブロックなら大人が持っている知識で一緒に考えながら遊べますし、子供も頭をフル回転させて考えながら、実際に形を作れるところが高い評価を得ています。
このおもちゃで頭の運動をしておくと、他の知育玩具で覚えるものの効率がよくなる気がします。
と言う口コミもあるぐらいですから、数字や計算の知育玩具と組み合わせて使うとさらに効果的のようです。

(ライターさんの感想)
2歳児だと、積み木で形を覚えていくというのが一般的ですが、NextX 磁石ブロックは自分で形を作れるので吸収が早そうですね。
ピタゴラス系のおもちゃとしてはお値段もお手頃ですし、立体感をこの年齢から学んでおくのは将来的に役立つと思います。

・商品名-くもんの磁石すうじ盤30  

 価格-\2,758

(商品概要)

くもんの磁石すうじ30は、鉛筆がまだ持てない2歳児でも、遊び感覚で楽しく数に慣れるように工夫された幼児教具です。
世界で実践されるくもん式のメソッドを取り込んだ磁石すうじは、ステップを踏みながら30までの数字をしっかり学習できます。
じしゃくで遊ぶだけで数唱力や数の感覚を高められるので、数字へのファーストステップとして最適な教材です。

(商品のおすすめポイント)
2歳児が数字を覚えるための知育玩具はいろいろありますが、くもん磁石すうじは30まで数えられるところがおすすめポイントです。
一般的にも、幼児は10以上の数字と触れ合うことはほとんどありません。
くもん磁石すうじなら、数字の順番を可視的に見られるので大きな数を覚える練習が効率よくできます。
また、マグネット式なので自分で数を動かしたり、ママやパパが動かせるので、紙ベースの数字練習のように飽きてしまうこともありません。
数字板の数字を見ながら、自発的に数の概念も学んでいけるのはくもんならではですね。
マグネットの使い方を工夫すれば、足し算や引き算の練習ができるので、長く使えるところもおすすめできるポイントです。

(口コミの総評)
くもん磁石すうじ30の口コミでは、昔自分も使っていたから子供にも買ってあげたという意見が多いのが特徴的です。
ところどころ改良されている部分はあるものの、ベースは何十年も前からあるくもん磁石すうじ30と同じです。
自分が子供のころ使っていて良かったという方が多いからこそ、世代を超えて知育に取り入れられているのですね。
それだけ親御さんからの信頼が厚く、数字や計算の土台作りに最適な完成度の高さは、口コミでの高評価にも現れています。
昔からある割にお値段が高い、と言う口コミもありますが、それを超える良さがあるからこそ高い支持を得ているのですね。

(ライターさんの感想)
とてもシンプルな作りなので知育になるのかな、と思ってしまいますが、これ一つで数を数えることや声に出して読むことができるようになるのはさすがです。
最近は凝った作りの知育玩具が多いですが、2歳児だと逆にシンプルなものの方が飽きずに続けられそうです。

・商品名-Richair 知育 玩具 数字の基礎を覚える 木のおもちゃ  

 価格-\2,180

(商品概要)
数学の基礎となる10進法の基礎概念を、遊びながら楽しく学べるのがRichairの知育玩具です。
数字が書かれた24枚の札と、12個ずつ赤・青・緑・黄色に色分けされた48個のリングで、視覚から自然に数字に触れ合うことができます。
また、手を使いながら実践的に数えられるので、より効率よく算数の基本感覚を養えます。

(商品のおすすめポイント)
Richairの知育玩具は、ぬくもりが感じられる木から作られていることと、見分けやすいカラーに絞られているのがおすすめポイントです。
木のおもちゃというのは、子供の手に無用な刺激を与えず、握るだけで安心感を生みます。
この安心感が集中力を高めてくれるので、遊んでいながらもしっかり数字を頭に刷り込めます。
また、視覚から入ってくる色が多すぎると、小さい子供は集中ができなくなってしまいます。
集中していない状態では、どんなにいろいろな数字を見ても、数を数えていてもまったく頭に入りません。
かといって色がまったくないと興味が薄れてしまうので、木と4色カラーに絞って作られているRichairの知育玩具は2歳児でも集中しやすいのが特徴です。

(口コミの総評)
Richairの知育玩具の口コミを見てみると、最初は使いこなせなかったという意見が見られます。
確かに、2歳児の知育玩具としては数字版やカラーリング、サイコロ板などパーツが多いかもしれません。
ですがたくさんあるように見えても、どれも子供が興味を示すパーツです。
親が手出しをしなくても、リングを棒に挿したりブロックに数字札でドミノ倒しをするなど自分からいろいろ工夫してあそび始めます。
その遊びの中で、数字に自然に触れ合いながら興味を示していくので、結果的に買って良かったという口コミが多いのはRichairの知育玩具ならではと言えるでしょう。

(ライターさんの感想)
Richairの知育玩具は見た目がナチュラルで可愛いので、それだけで2歳児は興味を持ってくれそうです。
可愛いだけではなく、リングやサイコロの目を取り入れることで数える概念が分かりやすいなど、知育としての役割もきちんと果たしてくれるのはさすがですね。

・商品名-七田式教材 巧巧板(ちょうちょうばん) 図形パズル

 価格-\5,940

(商品概要)
七田式教材 巧巧板は、遊びながら手と頭を使って、集中力と思考力を育むことができるパズルです。
手先をたくさん動かすと、脳を効率よく活性化して子供の成長を促進できます。
2歳児でも簡単に解けるシルエットの形合わせから、大人でも真剣に頭を使う問題まで揃っているので、家族で一緒に取り組める知育玩具です。

(商品のおすすめポイント)
七田式教材 巧巧板のおすすめポイントは、何回問題に取り組んでも飽きがこないほどボリュームがあるところです。
基本編は2つから6つのピースから始まりますが、応用編になると7ピースの10冊セットで、すべて合わせると161もの問題数になります。
2歳から始める場合は2ピースを取り組んでみて、慣れてきたら1ピースずつ増やしてステップアップしていけます。
進むスピードは子供の理解力によって異なりますが、何回も取り組むことで構成力も養えるのは七田式教材 巧巧板の特徴と言えます。
数字や計算を直接学ぶ知育玩具ではありませんが、図形という概念を自然に理解できるので算数の進み方が違ってくるでしょう。
また、達成表も付いていますから、小さい子供でも達成感を味わえるところもおすすめポイントです。

(口コミの総評)
七田式教材 巧巧板の口コミを見ると、家族みんなで楽しめるところが良いという意見が目立ちます。
この知育玩具は、子供に教えるというよりも、一緒に考えて問題を解いていったりアイデアを出し合う協力スタイルで進めていきます。
一般的な知育玩具は、大人が子供のレベルにずっと付き合って遊ばなくてはいけないものが多いですね。
そうすると、どうしても大人が飽きてしまって、子供だけに考えさせてしまう状態になりがちです。
ですが七田式教材 巧巧板なら、大人でもすぐには解けない問題もあるので、子供を置き去りにしない知育ができると高い評価を得ています。

(ライターさんの感想)
年齢とともに買い替えが必要なおもちゃと違い、七田式教材 巧巧板は対象年齢が6歳までなので長く使えるところが魅力ですね。
また、繰り返し遊ぶことができますから、コスパの面から見ても優秀な知育玩具と言えるでしょう。

-人気のおもちゃ&人気の知育玩具 学習玩具

Copyright© ミニバン博!子育て家族のミニバン選び&男親と子供のアウトドア的外遊び , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.